banner

収入証明書があればキャッシングは簡単に行なえる

キャッシング会社でお金を借りたい場合には、必ず審査制度を設けています。 審査がない金融会社は存在せず、審査はお金を借りようとする人の関門の様な存在となっています。 審査を設ける理由としては、貸金規正法には総量規制というのがあり、そこで過剰貸付の禁止を規定しているからです。 この過剰貸付では年収の3分の1を超える貸付を禁止しており、その年収を証明するための書類として収入証明書が必要となります。 以前の貸金規正法では、そういった総量規制の規定は存在せず、本人確認の免許書が一枚あり、会社の在籍確認があれば、それだけで契約が成立しました。 しかし、それが業者の無責任な過剰融資にも繋がっているということで、総量規制が設けられた経緯があります。 つまり現在ではキャッシング会社でお金を借りようとする場合には、誰しもが本人確認の書類と収入証明書の二つの書類が必要となるのです。 逆に平たく言えば、この二つの書類を自信を持って提出できる方は、年収の3分の1の範囲でお金を簡単に借りる事が出来るということが出来ます。 実際に収入を証明できる書類を用意できる方は、定期収入がある人とみなされることができ、働いている人です。 無職の方であれば、用意をすることが出来ないのは間違いありません。 なお収入証明書の種類には幾つかあり、サラリーマンの方であれば源泉徴収票または給与支払明細書の二つです。 不動産収入や事業収入がある方は納税通知書か所得証明書の二つで、年金受給者の場合は年金証書か年金通知書の二つとなります。


基本的にはキャッシングは免許証があれば借りられます

お金を借りるとなると誰かに保証人になってもらったり、担保を用意するなど手間のかかるものというイメージがありますが、キャッシングならそういった準備は必要ありません。 キャッシングは無担保、無保証で本人の信頼で借入が出来るサービスもあります。 それゆえに借入の場合も用意する書類は少なく済みますし、即日融資に対応している業者も多くなっています。 まずは限度額や利息などを比較して安心して融資を受けられる業者を見つけましょう。 業者が見付かったらいよいよ手続を進めていきますが、やはり審査はありますので、まずは本人であることを証明する必要があります。 本人を確認できる書類の提出が必要なので、免許書を持っている人はそれを利用すればスムーズに手続を行うことができます。 手続きの方法も来店、インターネット、電話などがありますが、来店の場合は持参していくと良いですし、インターネットで手続きする場合はそうした書類もアップロードやメールでの添付、ファックスなどで送信できます。 免許証なら顔写真もついていますので信頼性も高く、なりすましを防ぐこともできます。 また今すぐお金借りたいときにも免許証があれば素早く急いで借り入れできますね!しかし、 免許を取得していない人の場合はこうした書類は提出できませんが、免許証のほかにもパスポート、健康保険証などで対応してもらうことができますので、他の身分を証明できる書類を用意しておきましょう。 書類の提出が済むと審査が行われ、手続きがスムーズに進めば即日にも融資を受けることができます。

キャッシングQアンドA

変動金利と固定金利のメリットとデメリットについて

ローンを借りる際の金利方式としては変動金利と固定金利があり、後者は住宅ローンを例に挙げると、さらに全期間固定型と固定金利選択型に分けられ、全部で3種類になります。 変動金利とは短期プライムレートに連動して設定される金利のことです。 このレートは毎年4月1日と10月1日の年2回見直され、このレートに基づいて変更があった場合の金利は、7月と翌年1月に適用されることになります。 変動金利のメリットとしては短期プライムレート下降局面では金利負担が小さくなる半面、上昇局面では逆に金利分の支払いが増えます。 また、返済額や支払利息が確定しない点でのデメリットもあります。 尚、仮に金利が上昇しても毎月の返済額は一定で変わりませんが、返済額の内訳で調整されるので、金利が上昇する分だけ元本の支払い割合が減るので注意が必要です。 全期間固定とは文字通り、返済全期間にわたって同じ金利が適用されるために返済総額が固定され、返済計画が立てやすいといったメリットがあります。 また金利上昇局面では相対的に金利負担が小さくなります。 デメリットとしては金利下降局面では、相対的に金利負担が大きくなります。 固定金利選択型とは一定期間は固定を適用し、同期間終了後に変動が適用される金利方式のことです。 変動と固定双方のメリットを生かした金利方式ですが、期間完了後に適用される金利が金利上昇局面の場合には予想外に高い金利が設定されるリスクがあります。 この一定期間とは2年、5年、10年などと期間についてはいくつか設定があり、自由に選択が可能です。


あまり知られていない保証人の責任と権利とは

保証人とは主たる債務者(お金を借りた人)に代わって、債権者に返済をする人のことを言います。 代わりに返済することを、代位弁済といいます。 この代位弁済について、単純保証と連帯保証では違いがあります。 単純保証の場合、保証人は全額を払わなくてよい場合があります。 複数の人が保証している場合、債務を頭割りした金額だけ代位弁済すればいいのです。 そして、代位弁済の請求が来たときも、債権者に対して抗弁権が認められています。 これは債務者に支払い能力がある場合、まずそちらから回収するように請求をはね返す権利です。 これによって、不当に代位弁済を突きつけられる危険性が減ります。 しかし、連帯保証にはこれらのことが認められていません。 連帯という言葉が示しているとおり、連帯保証の場合、債務者と連帯して債務を弁済していく義務を負っています。 つまり、債務者から代位弁済の請求があっても、抗弁権を主張することはできません。 また、債権者は債務者が支払不能になっていることを確認せずに代位弁済を請求できます。 複数人が保証していても、頭割りではなく、一人一人が全額を弁済する責任を負っています。 連帯保証には、単純保証とは比べものにならないくらいの責任があります。 一般的に保証人というと、連帯保証を意味しているので注意が必要です。 しかし、これでは債務者が得をするばかりです。 ですから代位弁済した場合、今度は債権者に代わって補償した額を債務者に請求することができます。 あくまでもお金を借りたのは債務者であり、代位弁済したらその人の支払い義務がなくなるわけではありません。

Copyright(c) 2016 arkansasaaup.org Inc. All Rights Reserved.